メガネのタカヤ NORICO

NORICOのリアル

未来創造事業部 NORICO 奮闘の日々

2011,11,1

2021/11/01

11月1日はタカヤの創業者、現社長の祖父の命日であることを 今朝 朝礼で知りました。

高谷社長は祖父への想いを 朝礼で 我々社員に語ってくれました

そして

今から10年前

2011年11月1日に メガネのタカヤ秋田店を秋田市にオープンさせたその想いを知りました。

東日本大震災の年 東北が苦難の真っ只中にあった年に

タカヤは未来を見据え力強く新たな一歩を踏み出した

この10年、どんな時も前向きに、

様々なことに果敢にチャレンジしながら頑張ってきた社員たちに

社長は今日、感謝状を持ってメガネのタカヤ秋田店へと向かいました

サプライズで行われた感謝状贈呈式

OPENから秋田店を守り育ててきた斉藤店長と菅原さん

そして今年新たに仲間に加わった成田さん

3人で迎えた記念すべき10周年

3人とも突然の社長の訪問に驚き、そして こうして10周年を迎えられたことを心から喜んでいました。

今日の秋田店があるのは、彼らの日々の努力があってこそ

斉藤店長は 

地域の皆様とお客様に支えられ、愛され、育てていただいたことを心から感謝している

そして会社の仲間たちがいたからこそ、秋田店は成長できたし 今日という日を迎えられた

そんなふうに語っていました

これから もっともっと地域の皆さんに愛され必要とされるお店に成長できるようタカヤのみんなで頑張っていこう!そんな話をしました

タカヤにとって大切な1日である11月1日

今日この日に改めて書かせてください

【タカヤの社章】

タカヤの社章にはハートのデザインが施されています

秋田店がオープンした2011年に新たにデザインされたこの社章

誕生秘話を社長から聞いたことがあります

東日本大震災の後

世の中は混沌としていて

先が見えない状況にありました

そんな中、高谷社長のある友人が職を失い、愛する家族を失っているにも関わらず

生きるために逞しく前進しようとしていたのだそうです

その勇敢な姿に社長が抱いた想い・・・

それは「私たちはもっともっと逞しく 商いを通じて世の中の役に立っていかなければならない」

そして

一人ひとりの心の中に「優しさのハート」と「優しくあるための厳しさのハート」を持ち

タカヤはこれまで以上に 社員一丸となって前へ未来へ進み続けなければいけないということ

こうして 社章は新しく生まれ変わりました

大切な想いと強い意志が込められた社章はタカヤの一員である証

このハートを胸に 互いに支え合い、手を取り合って前へ未来へ進んでいこう!

2021.11.1 Lots of love, NORICO