メガネのタカヤ NORICO

NORICOのリアル

未来創造事業部 NORICO 奮闘の日々

「めがねさん」のおしごと

2021/11/24

勤労感謝の日の昨日、小学生の職業体験イベント「しごとーーいかづの2021」が鹿角市スポーツセンターで開催されました

鹿角市、大館市、小坂町の小学生約70人が参加

「次代の秋田を担う人材育成」を目的としたキャリア教育の一環として開催されているイベント

参加した小学生は子ども主体の架空の「まち」で 好きな仕事を自由に選んで働き

職場で働いた後は銀行で給料を受け取り、次は消費者として、そのお金を使い各ブースで買い物を楽しんでいました

税務署で税金を納付するという体験もあって 社会の仕組みをイベントを通して学んでいました

その会場で メガネのタカヤ花輪旭町店の麻美さんが実行委員会のメンバーとして

タカヤプレゼンツの「めがねやさん」を子どもたちと一緒に運営

明るい笑顔の彼女の周りに ひっきりなしに子どもたちが

「メガネ作りたいです!」

「メガネ屋さんのお仕事したいです」

と、集まってきていました

麻美さんは「子どもたちに楽しみながら仕事を理解してもらおう!」と色んな工夫をしていました

せっかくなので私もお客さんになって 可愛い店員さんに視力検査をしてもらいました

検査を終えると「視力は1.2ずつ、判定はA、まだメガネは必要ありませんよ!」と☺

「ありがとう。Thank you so much!」

英語でお礼を言ってみたら

「 You’re welcome!」

綺麗な発音で元気よく答えてくれました

なんだか嬉しかったです

ワイヤーモールを材料に 思い思いにユニークなメガネフレームを作る子どもたち

出来上がったメガネは こんなふうに店頭に並べられ、仮想通貨「トーイ」で販売されていました

実行委員長の村木さんも メガネを購入

※私が彼と初めてお会いしたのは「そらにほし」でした☺ 麻美さんともお友達だったようでビックリ。花輪では不思議とご縁が繋がっていくのが面白くて嬉しいです

私も1時間ほどでしたが、麻美さんのお手伝いをさせていただきました

ある女の子と一緒にメガネをつくりながら

「将来何になりたいの?」と質問すると

「私、生物学者になります!」と答えてくれました

生物学者になって研究したいこと、彼女が挑戦したいこと、かなえたい夢は・・・私の想像を遥かに超えるものでした

「誰かに話しても、いつもみんな笑うの」

と打ち明けてくれた彼女に

「世界は不可能を可能にしながら進化してきたと思うの。だから誰が笑おうと馬鹿にしようと気にする必要は無い。私はあなたを応援する」

と伝えました

物怖じせずに自然に英語を話す子もいれば

生物学者になりたいと夢を語る子もいる

自身を持って堂々と自分を表現できる子どもたちの姿に

秋田の未来は明るいぞ!とワクワクした勤労感謝の日でした

この若者は 小学生の頃、どんな男の子だったのだろう?

今は 仕事が出来て、真面目で誠実、みんなに頼りにされて、本社のムードメーカーのような存在

豆大福を嬉しそうに頬張る彼は 本社のアイドル的存在だったりします(笑)

香織常務、大福ごちそうさまでした☺

明日という日はどんな気づきと学びに出逢えるだろう

日々ワクワクを探す冒険のようです

そうそう、鹿角では今朝 雪が積もっていたようですが

みなさん、風邪ひかないように!そして運転気を付けましょうね!

2021.11.24 Lots of love, NORICO