メガネのタカヤ NORICO

NORICOのリアル

未来創造事業部 NORICO 奮闘の日々

未来を描く

2022/11/02

タグ:

タカヤの未来創造事業部での活動の中に「地元の学生たちとの意見交換会」というのがあります

一般的に地元の企業を知っていただくための会社説明会が多いのですが、タカヤでは職業観・人生観の幅を拡げられるような内容で進めています

「ぜひ中学生たちに会って 直接話をしたい!」と多忙なスケジュールの合間を縫って社長が小坂中学校へ駆けつけてくれました!

社長の話に耳を傾け、瞳を輝かせる生徒たち

次第に先生たちも集まってきました

どこに出向いても「タカヤさんのブースはいつも明るく活気があって面白いですね!」と声をかけていただきます

私たち自身が子どもたちとの時間を楽しみながら過ごしているので、自然にそんな雰囲気になっているのかも知れません

子どもたちとの対話から新たな発見や閃き、学ぶこともあるんです

この日の秋空は「大丈夫!上手くいく」そんなふうに背中を押してくれるような勇気が湧いてくるような青が広がっていました

子どもたちとの時間 私は最後にこんな話で結びます

世界は広く 人生は想像以上に面白いものだと私は思うよ

 自分の人生を切り拓くのも 人生を面白くするのも自分次第    

「できない」と思えば限界の壁ができ  「できる」と思えば可能性の道が拓ける    

なりたい自分を想像してみよう! そしてどんどん挑戦してみよう!

なんだかよく分かんないけど、色んなことにトライしながらめっちゃ楽しそうに仕事して、人生を丸ごと愉しんでいる大人がいる!

そう感じてもらえて、視野を少しでも広げるきっかけになったら嬉しい

大人でも「条件や、働く環境」を最優先にする・・・という考えの方もいらっしゃいますが 

私は その前に まずは 会社、仲間に必要とされる自分でありたい

幅広く学ぶことを怠らず 誇りを持って 情熱を注ぎながら仕事をしていきたい

仕事を通じて人・社会の役に立ちたい

未来へ繋がる 力になりたい

そう、先ずは自分がどうあるか、が一番のプライオリティだと思っています

あなたはどうですか?

最後に、昨日の記録写真を☺

会場は理科室

短時間で あっという間に会場設営 

大塚部長、石川課長、そして私

良いチームだと思います

本番前の腹ごしらえは 小坂中学校からほど近い カツラーメンが有名なお店へ

私はかつ丼を味わいました

鹿角には 地元の人に愛され続けているお店がいっぱいです

有意義な一日

次回は12月。阿部主任の母校、十和田中学校にうかがいます!

Lots of love, NORICO

挑戦しようとする人に不可能なことはない (アレクサンドロス3世 古代ギリシャの王)

There is nothing impossible to him who will try.