メガネのタカヤ NORICO

NORICOのリアル

未来創造事業部 NORICO 奮闘の日々

エンゲージメント研修

2022/05/21

タグ:

5月17~18日の2日間、本社会議室にて管理者研修を実施

講師はタカヤの顧問でONE STEP代表の宮平貴裕さん

1日目 エンゲージメント研修~This is me~

2日目 エンゲージメント研修~Let’s support our future~

それぞれの置かれたポジション・立場で、今為すべきこと、伸ばすべき能力、そして未来の為に必要な力、スキル、思考など「自分」と「仕事」と「自身の人生・生き方」と向き合いながら研修が進んで行きました

今、日本では「エンゲージメント」が注目され始めています

米国企業の事例から組織エンゲージメントについても学びました

不可能と思われることを実現させるためには?

会社の仲間が「家族」だとしたら、どう接する?どう声をかける?どう動く?

未常識の中からチャンスを生み出そう!

Hard(ハード)という言葉の意味の認識が欧米と日本では違う

日本人は 仕事量が多いことをハードだという

欧米人は 仕事の質…どれぐらい重要な仕事をしているのかを表す時にハードを使う

仕事は責任でやり遂げる

責任を持つということは・・・

自分で決断をしそれが正解であることを証明すべく行動する

いかなる結果も逃げずに受け入れるということ

研修を受けることで新たな知識・学びを得ることができ、気づくことがある

共に学び議論を重ね、同じ目的に向かって個々が成長し力をつけながら進んで行く

研修の中で タカヤの経営理念とクレドを文字を使わず絵で表現してみよう!というワークもあり、それぞれの感性の豊かさを感じました

菅原マネージャーの芸術的センスに私は圧倒されました

色遣いや発想が印象的だった加賀課長

愛とぬくもりが伝わってくる洋香マネージャーの作品

岡沼マネージャーの感性と知識と表現力の豊かさに引き込まれていきます

クレドを一つずつ シンプルに表現した中西拠点長

私はこの先「向上心」という言葉を耳にしたら、きっと中西拠点長の絵を想いうかべることになる・・・と思います。言葉よりも記憶に残る。伝える、伝わるということの奥深さを感じます

そして みんながワークに取り組んでいる間に、社長自らマジックを手にして描き始めました

社長の作品に皆集まってきます

学び多き2日間

研修後も貪欲に宮平さんに質問を投げかけ、アドバイスをいただくメンバー

ドコモ事業部は前回のエンゲージメント研修後に独自にエンゲージメントに関する取り組みを始めようと考え、その内容を宮平さんに相談していました

メンバーの話に耳を傾け、丁寧にアドバイスする宮平さん

メンバーの姿、表情がより力強く前向きになっていくのが感じ取れました

宮平さん、2日間本当にありがとうございました!

未来を決める!!

決めるが先

やり方はその後

まずは自分で未来を決めよう!

自分の選択の積み重ねが未来を創る

過去が咲いている今

未来の蕾でいっぱいな今

勇気と自信を持って前に進もう!

最後に宮平さん自身が大切にされている言葉をご紹介します

未来の自分を信じよう

人生は願った通りではなく 思った通りになる

最後の最後まで自分と一緒に居てくれるのは自分

だからそんな自分を信じてあげよう

2022.5.20 Lots of love, NORICO