メガネのタカヤ NORICO

NORICOのリアル

未来創造事業部 NORICO 奮闘の日々

「頑張る!」と「努力」の違い

2022/02/05

タグ:

現在2ヶ月で-3㎏!を目標にコツコツを重ねています

5:50起床 久しぶりにclubhouseを聴きながら身支度 ➡ 6:30ジムへ 

少しずつ走り続けられる時間と距離が伸びてきた!BGMは平井大♪

ふと「頑張る」と「努力」って普段何気なく使っているけど大きな違いがあるのでは?と考えたのです

あなたは何か目指しているものはありますか?

目指している事、達成したいゴールに向かって頑張っている!という人も多いですよね!

でも・・・

すごく動いているし、自分としては頑張っているのに結果が出ないと感じる時はありませんか?

頑張る事はもちろん大切な事
でもね、何かを達成するには、気合いと根性、頑張ればいい!というものではないような気がするのです

「頑張る」と「努力」

ちょっと調べてみました

この2つは 似ていて違いがありました

頑張るとは「我を張る」。自分が意地になってやるというイメージ
一方、努力とは、「コツコツ地道にやるべき事を淡々とやる」と書かれてありました

結果を出す、自分のゴールを達成するためには、確かに行動量は必要です。
しかし、ただやみくもに行動すればよいという事ではなく、どう行動するかを考える事が大事という事なんですね。
最初のうちはやれたとしても、時間も体力もいくらあっても足りないという事になってしまう

筋トレであっても、ただやればいいのではなく、マラソン用なのか、水泳用なのか?
何のためにどの筋肉を鍛えたいか?が大事ですよね。
だから、結果を出すのに頑張る必要はないと言われるという事です。

我を張り、頑張っているうちは頑張る事が目標になってしまったりする
頑張っていないと不安、ダメだと自分にプレッシャーをかけてしまっているかもしれません。
やりたい事、達成したい事なら、やらねばではなく、本来は楽しもののはず

やりたい事だから、コツコツ日々努力する。
その過程は辛く険しかったとしても、自分がたどり着きたいゴールに負かって一歩ずつ進む事ができるのではないでしょうか。

頑張っているのに、思うような結果に繋がっていない
そんな時には、頑張るが目標になっていないか一息ついてみる

ゴールに近づくためには何が必要か、どこに向かっていけばいいのか
それを考え、行動するのが努力するという事なのでしょう

頑張るではなく、努力を重ねる!が大切と改めて感じる土曜の朝

会議室でスクワットをする社長

社長はゴルフのスコアを伸ばす為、日々 体幹を鍛えているのだそうです

この日々の努力の積み重ねと 意識、思考が結果を出すのですね!

さぁ、今日も頑張りましょう!

じゃなく

目標達成に向けて 努力しましょう!(笑)

Lots of love, NORICO